地球温暖化防止国民運動(チャレンジ25キャンペーン)は、気候変動キャンペーン「Fun to Share」に生まれ変わりました。
Fun to Shareにご賛同いただき、低炭素社会づくりに向けたご協力をお願いいたします。
 


「Fun to Share」。それは、最新の知恵をみんなで楽しくシェアしながら
低炭素社会をつくっていこうよ!という合い言葉。
目標に向けてガマンしながら必死に頑張るのではなく、毎日を楽しく暮らしながら
低炭素社会をつくろうという発想です。
低炭素社会を実現するための技術や取り組みが、様々な地域・団体・企業の中で生まれてきています。
それらの知恵をみんなでシェアして活用しましょう!


【三重一般同盟が推進するチャレンジ】 
 みんなで節電アクション     

  

 節電に役立つ情報を詳しくまとめた「みんなで節電アクション!」特設サイトです。  
     
 WARMBIZ     COOLBIZ 

  

 暖房に頼りすぎず、冬を暖かく、快適に過ごす「ウォームビズ」を実践しましょう。  
 
  

 夏の冷房時の室温を28℃に。そんな部屋で快適に過ごすための「夏の常識」がクールビズです。 
     
 


     【12〜2月重点取り組み】
    空調の設定温度20℃
     
 

 ウォームビズは暖房に必要なエネルギー使用量を削減することによってCO2の発生を削減し地球温暖化を防止することが目的です。
 一般的に電力による冷暖房をおこなう場合、室温設定の調整による省エネ効果は、夏よりも冬の方が大きいことが知られています。冬の暖房器具使用時に室温設定を今までよりも下げるようにすれば、CO2削減効果があるばかりでなく、電気代を効果的に節約することにつながります。
 ウォームビズは、そんなに難しいことではありません。今までのライフスタイルを少し見直すだけで、無駄になってしまうエネルギーを節約することができます。

 
 『衣』
 
首、手首、足首の「三つの首」をあたためましょう
●マフラー、手袋、レッグウォーマーを活用
●お風呂上がりには一枚多く羽織り、寝るときも首にタオルであたたかく

「素材」に着目し、おしゃれにあたたまりましょう
●軽くて薄い腹巻きなど、機能性素材の下着
●セーターなど上に羽織るものは機能性素材を選んで着ぶくれ防止

ひざ掛けやストールを活用しましょう
●ひざ掛けでこまめな体温調節、ストールはひざ掛け代わりにも


 『食』  
 
「鍋」でからだも室内もあたためましょう
●家族や友達と集まって鍋を楽しみながら、からだも室内もあたたかくして、暖房を緩和
●鍋からの湯気による加熱効果で体感温度がさらに上昇
●一部屋に集まって他の部屋の暖房や照明はオフ
●冬が旬のもの、根菜類や生姜などからだをあたためる食材にもこだわりを

 『住』 
 
湿度を意識し、体感温度を上げましょう
●温度計、湿度計を近くに置いて室内環境を「見える化」

窓やドアに注目しましょう
●窓やドアからあたたかい空気が逃げない工夫
●窓は断熱シート、複層ガラス、二重サッシなどを活用

「道具」や「小物」で暖房に頼りすぎない工夫をしましょう
●湯たんぽ、毛足の長いスリッパやクッションなどを効果的に活用

 
 




詳しくはコチラへ↑
 




Copyright (C) 2005 Mie Prefectural Federation of General Workers Unions